IT/ICT

【まとめ】5Gで何ができるのか、何が変わるのか、何がすごいのか

たろう
5Gのサービスが今年から始まります。

 

世間で5Gが騒がれていますが、5Gって何なの?何ができるの?と言ったところを考えていきたいと思います。

 

 

5Gで何ができるのか、何が変わるのかを考える

 5G(5th Generation)とは、「第5世代移動通信システム」のことですが、大きくは下記のような特徴がある。

① 高速大容量
② 高信頼・低遅延通信
③ 多数同時接続

 大手キャリアでは、2020年よりサービス開始となりますが、具体的には何が変わるのだろうか。と言うか、本日DoCoMoのサービス開始の日ですね。

 

5Gの使われ方は

 基本的には、5Gに対応したものを用意する必要があります。

スマホが一番わかりやすく、5Gに対応する機器としては、一般の方々は、まずスマホの利用になるのだろうと思います。

 インフラが完全に整っていないスタートとなっている為、私は、すぐに手を出さなくてもよいかと思っています。まだ様子見ですね。


段階的に整備されていくと思いますが、一般的にはそこまで恩恵受ける分野って限られていると思います。


ただ、3年もすれば、大部分網羅され、当たり前になっている状況になっていると思います。

そうなると、IoTに関連するモノが普及してくるのでしょうね。

更にインターネットの利用は進んで行くと思います。

要は、5Gの電波が届く範囲内で、インターネットと高速通信できるようになるので、徐々に5Gに対応した機器が出てくると思います。

最終的には、ほぼどこからでも接続できるような環境になるので、もうしばらくしたら、一気に加速はすると思います。

 因みに、5Gネットワークを独自で構築して、独自の5Gサービスができるようにする技術に、「ローカル5G」というものがある。

 

どのような恩恵があるのか

 まだ開始して間もないので、何に使えるかと言うと、一般利用者からの立場では、正直特に思いつかないですね。

5Gサービスに対応した機器がどんどん増えてくれば、当たり前のように利用することにはなると思います。

サービス提供者側や開発者側では、それはそれは日々何ができるか、必死に開発を行っていると思います。

よく言われているのは、自動車の自動運転技術にも5Gは利用されることや、医療関連でも遠隔手術などが行えるようになっていくという。

その他、ARやVRを使ったサービスが、5Gを利用して活用できるようになる。

IoTも5Gで利用できるようになる。

ドローンがブンブン飛ぶようになる。

電化製品や防犯などの機器がインターネットに対応してくるようになっていく。

このくらいしか、まだわかりません。

もう少しだけ時間がかかりそうですね。

 

数年後は基本インフラとして確立

数年後は、今まで4Gなどもそうだったように、当たり前に使われるものとなるわけです。

まあ、4Gも使いつつ、5Gの領域が足されるイメージですが。

利用できるサービスが増えてくれば、一気に浸透すると思います。

それこそ、自動化のオンパレードな世界がやってくると思うので、それに備えた情報収集は必須だと思っています。まずは、直近では、AIと分析です。

ブログなども、自動になっていくと思うので、そこも含めて基礎を学んでおくことを怠らないようにしたいです。

あくまで、利用者側は、どういった機器が出てきて、どのように使いこなすのかを考えるべきであるので、情報収集はしておきたいですね。

 

基本となるインフラの中でも土台となる技術

今まさに爆発的に普及が始まっている技術は下記のものがあります。

5G+IoT+クラウド+AI+ビッグデータ

 

これらはやはり密接に絡み合っています。

その中でも、全体をカバーする技術が5Gであり、インフラの中でも特に土台となる要素です。

 

いろんな分野で、いろんな可能性を後押しする技術で、今までの4Gまではできなかったこと、不便だったことが、この5Gにより実現できていったりします。

 

大容量の動画閲覧などについて、ダウンロードに時間がかかっていた、途中で音が途切れたなどの経験を思っている方は多いと思いますが、この5Gにより改善されていきます。

 

更には、ARやVRなどの技術を使った配信などもどんどん出てくると思います。

 

 

まとめ

遅かれ早かれ、5Gは利用されていくと思いますが、まだまだインフラが整っていないというのが実情です。

 

他国に比べ、日本は少し遅れをとっているのかもしれません。

 

実際、5Gと言う言葉だけが一人歩きしているようにも思え、肝心のサービスが追い付いていないように思いますね。

 

また、既に、5Gだけでなく、その後の「6G」と言うキーワードも一部で出てきておりますが、世界で共通の規格で利用されるサービスなのか謎です。

 

もう少し調べてみようと思いますが、うまく先導できることを狙っているのでしょうが、ガラパゴス化のようなことになりやすいので少し心配です。

 

私のスマホも5Gに対応しているようですが、まだまだ全然恩恵は受けておりません。

 

今後に期待しつつ、状況確認していきたいと思います。

 

 

 

 

 

-IT/ICT
-

© 2021 たろうのブログラボ