IT/ICT

【まとめ】IoT機器の増加で便利になる世界。でもセキュリティ面では課題も。

最近、IoTと言う言葉が出てきているけど、そもそもIoTって何だろう?

 

たろう
このように思う方いませんか?

 

そのような方に、もう一度簡単に説明できればと思います。

 

 

IoTとは

 IoT(Internet of Things)は、モノのインターネットと言われています。

 

 これはどういうものかと言うと、モノがインターネットへ接続できること。

 

例えば、テレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品や車などがインターネットに接続される。

 

外出先から、スマホを利用して、スイッチを入れたり操作ができるようになると言う物は、今までもあったと思うが、物が直接インターネットに向けて情報を発信する。

 

大きくは、「モノ」がインターネットに接続されることを言うが、ここ最近で出てきている定義は、人を介在しないでインターネットへつながっているモノの事を言うようです。

 

 

歴史的な話

 これは、十数年前に出てきた「ユビキタス」という言葉と似ている。

 

当時、IPv6を利用して、モノに対しIPv6アドレスを割り振りセンサーへの接続を考えられていた。

 

「センサーネットワーク」と言うキーワードも一時盛んに出て、どこまで普及するのだろうと思っていたが、結局そこまで爆発的な動きには至らなかった。

 

IPv6が思った以上に、展開されなかったですかね。

 

 

 

利用される場面

 企業では、まずどういうところで使われるのかと言うと、工場などで、監視カメラや温度計などが直接ネットワークへ接続が可能になる。

 

その機器で取得するデータを利用することが可能。データを集め、それをAIでIoT機器のデータを分析し自動で行えるようになっていくのでしょう。

 

典型的な1つのパターンが、IoTデバイスからデータを収集して、分析する。

 

健康管理のスマートウォッチなどで、対応や血圧、睡眠時間、体重、心拍数、歩数などを管理していくようなことで使われていくでしょう。

 

ここで関連するキーワードは、「スマートファクトリー」ですかね。

 

 工場で生産したものを倉庫などに運びだす物流分野でもIoTの利用は行われます。

 

Amazonが力を入れたといわれる物流分野は、表に出ている情報だけでも先端を行っています。

 

ドローンでの配送などにもあてはまる技術ですよね。

 

その他、Xtech と言われる、様々な分野でIoTは必須なものとなっていきます。

 

例えば、平常温度が25度で保つ部屋に、その温度を超えたらアラートを出す、30度超えたら異常を連絡するなど、データの情報などから異常値を検知するなどは、まさに得意分野のわけです。

 

ビニールハウスなどにそのような機器を入れると可能になります。

 

例えば、ペットの首輪に機器をつけることで、どのような場所にいるのかを把握できます。ウェアラブル機器を子供につけて、どこにいるかを把握できるようになります。

 

見守り携帯ではなく、見守りウェアラブル機器(例えばブレスレットとかペンダント)などが出てくるのではないでしょうか。

 

 

セキュリティが心配

家のエアコンやDVD録画、風呂の湯沸かしなどが、外出先から操作できるようになっていく。

 

声に反応して、部屋の電気をつけたり、ひと声で音を出したりできてきてますよね。

 

これも便利と言えば便利ではあるが、そこまで本当に必要か?と言う思いもある。

 

外出先からの録画は、現時点でもできるし、家に帰ってきてからエアコン入れるでも十分な気がしてならない。

 

セキュリティなどの問題の方が、遥かに怖いと思ってしまう自分がいる。

 

現時点ではそう思う部分もありますが、ただ、それらが、当たり前になってしまう時代が来ます。

 

それらが当たり前になると、不安にある通り、セキュリティの問題はつきまとうわけです。

 

24時間、インターネットに接続されている状況で、狙われる要素が非常に多くなってくるわけですね。

 

これからの世界、本当にセキュリティは非常に重要になってくると思います。

 

 

 

関連する技術

IoTと関連する技術キーワードに、「5G」、「クラウド」、「AI」、「ビッグデータ」などがある。

 

それらの基盤と合わせて力を発揮するわけです。

 

ユビキタスと言うキーワードが騒がれた時から、「センサー」に注目されていました。

 

監視カメラなどが一番わかりやすいかもしれません。

 

留守中の家に、いるはずの無い人がセンサーにより検知であったり、鍵が開けられたとか、スプリンクラーが作動したとか、そのあたりの物が、インターネットに情報を発信できるようになる。

 

その他関連する技術は、下記を参考にしてください。

 

詳しくはコチラ

 

 

まとめ

今後、間違いなく増えていくIoT機器です。

 

5G やクラウド、AI、ビッグデータと合わせて利用される技術です。

 

自宅にある機器も、今後は、インターネットに接続されるモノが徐々に増えていくと思います。

 

IPを持ってインターネット接続され使えるものがどんどん増えていくと思います。

 

パソコンやスマホ以外にも、ゲーム機器やウェアラブル機器、センサー機器などが利用されていっています。

 

家電などもIPでつながっていく。

 

車などにも利用されていくことが考えられ、開発が進んでいるようですよね。

 

ドローンなどもそうでしょうし、いろんなものが自動で扱えるようになってくるのでしょう。

 

それと同時にセキュリティの重要さは増していき、備える必要がありますね。。。。。。

 

 

 

-IT/ICT
-

© 2021 たろうのブログラボ